建物契約までに決めておきたいこと

一般的に建築条件付き土地を購入した場合、

定められた建築業者との

建物契約までの期間は

3ヶ月

のことが多いですよね。

土地を購入して、一から注文で家を建てるときは、

間取りや設備、仕様を決めるのに時間の制限はないのですが、


建築条件付き土地で建てるときは、

この建物契約までの3ヶ月間に

間取りや仕様をほぼ決めておくことが、

自分好みのマイホームを作るコツです

(^-^)

建物契約してからも色々と変更する時間はあるのでは?

と思う方もいると思うのですが、

他の建築業者との競合がない分、金額の面での不安が出たり、

要望が通りづらくなってしまうことも考えられます。

契約前なら、

見積もりに対して不明瞭な部分は

納得のいくまで話し合いができる

し、

要望も、見積もりを出してもらいながら

お互いに折り合いがつく部分を見つけ出すこともできます。

契約してしまっていたら、

見積もりもハウスメーカーの言い値になってしまうし、

(相見積りできない分不利ですよね)

イレギュラーな要望は”できません”と言われてしまう可能性も(;-;)

やりたいと思っていたことが、

契約後にできないことがわかったらショックですよね。

私たちの場合は、

建売住宅メーカーでの家づくりということもあり、

建物契約後は、メーカー側がすぐ着工したいような雰囲気だったので、

この3ヶ月間が勝負でした(笑)

・間取り、建物の位置などに関して

建売住宅メーカーということもあり、

間取りは皆ほぼ同じような作りだったのですが、

土地の契約の際に、

一から間取りを考えたいと伝えてあったので、

パターンから選んでいくのではなく、

自分で絵に描いた間取りをもとに間取り作りをしました。

間取りを考える際も、基本は設計士さんが入らず

営業さんとの打ち合わせだったので、

間取りに対して聞きたいことがあっても、

直接設計士さんに聞けないことが難点でした。

いいアイデアにたどり着くまでに時間はかかりましたが、なんとか、


契約時には間取りは

すべてきまっている状態までもっていきました。


間取りを考えるのは楽しかったですが、

ここが一番大変だったところかもしれないです(;-;)

後日談ですが…

一応、契約書には契約後1ヶ月以内までは

間取りの変更可能とあったので、

契約数日後に、一ヵ所窓サイズの変更をお願いしてみたら、

建築確認を申請してしまっているので無理ですと言われてしまい、

変更できなかったことがありました。

やはり、契約後はすぐ建築確認を取って

着工に向かって進んでいたので、

契約までに決めておいてよかったです。

・設備について

大きな設備を標準仕様外にする予定はなかったのですが、

現物を確認しにショールームに行ったり、

営業さんにサンプルを見せてもらったりしました。

(くわしくは、
こちら
…)

設備で必要なものは

ハウスメーカーのオプション表から選びました。

オプション表は、土地の契約後すぐに

金額を書いてもらってから渡してもらっていた
ので

(オプションを付けるものを決めてから金額を聞くより、

初めからすべての金額を聞いておいた方が安心かなと思って。

疑りすぎですかね 笑)

質や機能が金額と見合っているかも、

設備メーカーのカタログや現物を見てしっかりチェック。

・建材、内装材

1階部分のドア、収納扉、床材部分を標準仕様外のものにしたのですが、

使いたいものを見つけるところから、

型番を拾って営業さんにお願いするまでを一人でやっていたので、

精神的にも体力的にも結構大変でした(^-^;)

特に建具などは、例えば同じデザインのドアでも、

枠の大きさやおさまりなどが工法によって違っていたので(金額も微妙に違う)

難しかったです。

建築条件付き土地だったので、相見積りができない分、

金額の面で、適正な価格かどうか

やっぱりとても不安があったので、

なんとしてでも契約前に金額だけははっきりしておきたい!

という思いで頑張ったという感じです(笑)

そのほか、2階に洗濯機とスロップシンクを設置したかったので、

その費用(材工ともに)や

壁紙変更の差額代、追加のサッシ代、玄関ドア変更の差額分、

玄関収納の内部ユニット代、PCカウンター代など…

入れるものはほぼ金額を出してもらってから契約しました。

いろんなショールームをまわり、

足を動かした甲斐あって、

金額面での不安はなくなり、

安心して契約することができました(^-^)

こうやって書いてみると、

ハウスメーカーで決めなければいけないことの

ほとんどを建物契約前に決めたという感じです。

短期間の間に決めなければいけないからこそ、


構造部分に関係しないものや

大掛かりな工事が必要ないものはハウスメーカー経由にせず、

あとでじっくり選ぶのが時間を有効に使うコツ

です。

(詳しくは
こちら
…)

契約後に決めたのは、

壁紙の色決めとPCカウンターの色決め、

電気配線(コンセントやLAN配線)の最終確認をしたくらいです。

建築条件付き&建売住宅メーカーは工期が短いこともあり、

工事が始まってからは、どんどん工事が進むので、

現場に通って工事内容を確認したり、

トラブルがあれば話し合いの時間を設けたりして(うちも3回くらいはありました)

ゆっくり仕様などを考える時間が取れなかったのが現状でした。

着工してからは、工事がきちんとされているか

確認する時間をしっかりとるためにも、

契約前に細かいところまで決めておくことが大事だと思っています。

  • House & Interior ~建築条件付土地でも自分好みのマイホームを~

    img_post_573_mainpic_1536

    建物契約までに決めておきたいこと

    建売メーカーの建築条件付土地を購入された*kou*さん。様々な制約のある中、満足のいくお家づくりの奮闘を綴っブログはとっても参考になります!!

MENU

住まいのアイデアブログ

一括資料請求はこちら

What's New 最新ニュース